【お知らせ】9/5より出張専門となりました。患者様のご自宅 または レンタルスペース 「Base Ozone」 で施術を致します。

背骨の歪みを整える

背骨の歪みを整える方法アイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

 名古屋市北区の骨盤調整・整体院 ふるさわ指圧治療院です。

 本日は背骨の歪みを整えるセルフ整体についてご紹介いたします。背骨の椎間関節にアプローチをかけて、癒着を取り除き、動きを滑らかにすることで、背骨の歪みを整えていきます。

目次

背骨の歪みを整える方法

背骨の歪みを整える方法
背骨の歪みを整える方法
椎間関節
椎間関節

 背骨の歪みを整える際のポイントは、下記の通りです。

POINT
  • 背骨の歪みのカーブが凸になっている側から、背骨を横方向に加圧するのをメインに行う。(上図参照)
  • 左右で比較したときに、当たりの固い方をメインに加圧する。
    当たりが固い=背骨の歪みのカーブが凸側 となります。
  • 椎間関節に効かせる手技であり、筋肉に効かせる手技ではありません。
    椎間関節とは、背骨の後方にある左右一対の関節で、背骨の可動域を程よく規制する役割があります。(上写真参照)
  • 手が届く範囲は、自分の手を利用します。
  • 手が届かない範囲は、壁の直角部分や、ドアを開けた際のドア枠の部分を利用します。

背骨下部から中部の歪みを整える方法

  背骨下部から中部の歪みを整える方法をご紹介いたします。

背骨下部から中部の歪みを整える方法(模型)
背骨下部から中部の歪みを整える方法(模型)
背骨下部から中部の歪みを整える方法
背骨下部から中部の歪みを整える方法
  1. 壁際に、やや広めに足を開いて立ちます。
  2. 骨盤のすぐ上の背骨(棘突起)の右横に右手の親指を当てます。
    壁に右肘を当てると、より力が入りやすくなります。
  3. 親指で棘突起を左方向に加圧します。
  4. 背骨を押す位置は、骨盤のすぐ上から順に上に移動していきます。
    上にいける所まで移動しましょう。
  5. 反対側も同様に行ってください。

棘突起(きょくとっき)とは、背骨の中心にあって、ボコボコと後方に出っ張っている部分を指します。(上の写真参照)

背骨下部から中部の歪みを整える方法(別法)

 上記の別法をご紹介いたします。

背骨下部から中部の歪みを整える方法(別法)
壁に手を当てると力が入りやすい
  1. 左手を背中に回し、棘突起の右側から左手の指を引っ掛けます。
  2. 指を引くことで、棘突起を左方向に加圧します。
    壁に手の甲の小指側を当てると、より力が入りやすくなります。
  3. 反対側も同様に行ってください。

背骨の上部の歪みを整える方法

 背骨の上部の歪みを整える方法をご紹介いたします。

背骨の上部の歪みを整える方法
背骨の上部の歪みを整える方法
  1. 右手を首の後ろから回して、棘突起の左側から指を引っ掛けます。
  2. 指を引くことで、棘突起を右方向に加圧します。
    下にいける所まで移動しましょう。
  3. 反対側も同様に行ってください。

手の届かない範囲の背骨の歪みを整える方法

 手の届かない範囲の、背骨の歪みを整える方法をご紹介いたします。肩甲骨の高さ付近は手が届きにくい範囲ですので、直角の壁やドア枠等、引っ掛けられる部分を利用します。

直角の壁等を利用する方法
手の届かない範囲の背骨の歪みを整える方法
  1. 直角の壁にもたれかかり、重心を低くして足を大きく開いて立ちます。
  2. 壁の直角部分に、棘突起の右側を引っ掛けます。
  3. 棘突起を壁の直角部分に押し付けることで、棘突起を左方向に加圧します。

まとめ

 本日は、自分でできる背骨の歪みを整える方法をご紹介いたしました。骨盤調整をすることにより、骨盤の歪みが整うと、それに倣うように背骨の歪みも整っていきます。しかしながら、背骨の椎間関節が癒着して動きが悪いと、せっかく骨盤の歪みを整えても、背骨が倣ってくれず、背骨の歪みが残ったままになってしまいます。よって、今回ご紹介した方法により背骨を横から加圧することで、椎間関節の癒着が取れて背骨が骨盤に追従しやすくなり、背骨の歪みが改善されます。

目次