コロナ対策

 当院では新型コロナウィルス感染リスクを極力下げるために、下記の対策を行います。いろいろとご不便ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解ご協力の程お願い致します。

目次

患者様へのお願い

 下記症状がある方は、施術を受けることはできません。また症状が治ってからも、念のため3週間はご来院をお控えください。

 発熱がある。
 咳やくしゃみなどの風邪症状がある。
 味覚や嗅覚が無い。→ 新型コロナウィルス特有症状ですので、保健所に相談して下さい。

 また施術を受けていただくにあたり、下記の遵守をお願いいたします。

  • マスクの着用。施術中も外さないようお願いいたします。(必須)
  • 施術前後の手洗い・手指消毒。(必須)
  • 施術中の会話は自粛させていただきます。(飛沫による感染リスクが高くなるため)
  • 症状をまとめたメモを持参していただけると助かります。
  • 施術途中に眼や口などの粘膜に触れることは絶対にしないで下さい。
  • 大人数でのご来院はお控えください。(付き添いの方やお子様は除く)
  • 予約後に発熱などの風邪症状が出た時は、必ずキャンセルして下さい。

出張施術について

 出張施術では安全な施術環境を構築するのが難しい為、現在中断しています。出張施術の再開時期は未定です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

当院の新型コロナウィルス対策

施術者の感染対策

  • 毎日の検温。
  • マスク、ゴム手袋、フェイスシールドの着用。
  • 手洗い、手足の消毒、うがいの徹底。
  • その他、プライベートでの行動には細心の注意を払っています。

※ なお私一人で治療院を運営していますので、室内の最大人数は私と患者様の二人だけです。

ダブル換気システムの採用

ダブル換気システム

 室内をセパレートカーテンにより2分割し、施術中は患者様と施術者の頭が別々の部屋になるようにしています。さらにダブル換気システムを採用することで、各部屋が独立したルートでの換気が可能となり、両部屋の空気の往来を出来る限り減らしています。

玄関側換気扇

 玄関ドアを開けっ放しにします。玄関側換気扇により換気します。

上部換気窓

 上部換気窓も開けっ放しとします。

施術室・玄関側 換気扇
施術室・玄関側 換気扇

 施術室換気扇と扇風機により、施術室の換気をします。また密閉空間にならないように、パーテイションを一部撤去しレースカーテンに変更致しました。

施術室換気扇

 勝手口ドアと窓を開けっぱなしにして、換気扇を常時運転させて施術室の換気をします。

セパレートカーテンの設置

セパレートカーテンの消毒
セパレートカーテンの消毒
セパレートカーテン使用時
肩付近でセパレートカーテンで仕切っています

 飛沫対策としてセパレートカーテンを設置しました。患者様の頭部だけ出るようにしていますので、突発的な飛沫を互いに直接浴びないようにしています。

施術の制限

 下記の施術は当面の間中止とさせていただきます。

  • 密着度の高い施術。(胸椎調整など)
  • 顔と顔が接近する施術。
  • 顔面に直接触れる施術。
  • 頭部がセパレートカーテンを境に同一側になる施術。
頭が同一側になる施術は中止

予約枠の制限

 予約枠を下記スタートの5枠に限定し、患者さん同士の接触を無くします。1時間のインターバル間に清掃・消毒・換気を行います。 

9:00
1時間 インターバル
11:00
2時間 昼休み
14:00
1時間 インターバル
16:00
1時間 インターバル
18:00

仕事の都合などで、18:00に間に合わない方はご相談ください。
18:00の枠を無くし、19:00に変更して対応致します。

施術毎の消毒・清掃しやすい環境作り

施術ごとの交換部品の説明
接触部は全交換
施術枕の消毒
  • 施術毎にドアノブや便座、かご、枕、胸当てパッドなどの接触部位の消毒を行います。
  • 接触部位を減らすため、物を極力減らしました。(ハンガーや荷物置き場など)
  • 椅子にビニールシートを被せてたり、便座カバーを無くしたり、衣服用のかごや釣銭トレイをプラスティック製の凹凸の少ない物に変更したりして、清掃しやすくしています。
  • シーツ、バスタオル、タオル(セパレートカーテン取り付け)、掛け毛布カバー、胸当てパッドビニールは施術毎に交換いたします。

その他の対策

  • 施術を受ける上で不安に思っていることや、ご希望(【例】短時間で施術をしてほしい等)がありましたら、ご相談ください。
  • スリッパはありませんので、もしカーペット上を直に歩くのが気になる方はスリッパをご持参ください。
  • 敷き布団に敷くバスタオルなど、接触部分にご自身の物を使用したい方は各自でご持参ください。
目次
閉じる