【お知らせ】9/5より出張専門となりました。患者様のご自宅 または レンタルスペース 「Base Ozone」 で施術を致します。

筋筋膜性腰痛とは?

 名古屋市北区の骨盤調整・整体院 ふるさわ指圧治療院です。

 前屈みになると腰が痛いのは、筋筋膜性腰痛かもしれません。筋筋膜性腰痛は、主によく中腰姿勢をする職業の人に多く、腰の比較的広範囲に重だるい痛みが出るのが特徴です。筋筋膜性腰痛の治療としては、骨盤調整により骨盤の仙腸関節のズレを整え、骨格調整により背骨の歪みを整え、指圧により腰の筋肉の緊張を和らげることが重要です。

目次

筋筋膜性腰痛の特徴

筋筋膜性腰痛とは?

筋繊維束と筋膜

 筋筋膜性腰痛とは、文字どおり筋肉や筋膜に原因がある腰痛です。筋膜とは筋肉を包む外側の丈夫な膜です。重い物を持ち上げたり、ちょっとした体勢変換時に急性的に発症する腰痛は「ぎっくり腰」と言われています。ぎっくり腰になってから数日間安静にしていて多少痛みは引いたものの治りきらず、弱火状態で痛みが継続し慢性化することもあります。

 レントゲンやMRIで異常はみられないことから、骨や椎間板、神経の異常は無く、椎間板ヘルニア、すべり症などと比較すると腰痛の改善に要する期間は短いです。

筋筋膜性腰痛の原因

腰痛の原因は仙腸関節のズレ

 筋筋膜性腰痛は、元を辿れば仙腸関節がズレて、骨盤や腰椎が歪むことが原因です。この骨格の歪みは人体にとって不都合なことであり、なんとかこれ以上歪みが進行しないように筋肉や靭帯を固めて守ろうとします。こうしてできた筋肉の凝りが筋筋膜性腰痛につながるのです。このような骨格の歪みの進行を食い止めるための現象は、腰部に留まらず全身に起こります。首で起これば首コリに、肩で起これば肩コリにつながります。

筋肉や靭帯を固めて腰椎の歪みを阻止

 こうしてできた筋肉の凝りに対して指圧をすれば一時的に柔らかくなって少しは楽になるでしょう。しかしながら腰椎の歪みが残っている限り筋肉を固めて守る必要があり、すぐに元に戻ってしまいます。そういった理由から筋筋膜性腰痛を根本から改善するには、筋肉へのアプローチよりも骨格へのアプローチの方が重要であり、骨盤調整は必須です。 

筋筋膜性腰痛の症状

 筋筋膜性腰痛の症状としては、比較的腰の広い範囲で重だるさがあるのが特徴です。腰をひねったり前屈などの動作時痛があり、可動域が狭くなります。また重い物を持ち上げたり、前屈みになったりして、急性的に発症した場合は、損傷した筋肉や筋膜の部位を中心に痛みが出ます。

筋筋膜性腰痛の治療

 筋筋膜性腰痛の治療は、骨盤調整、骨格調整、指圧により行います。特に骨盤調整によって、仙腸関節のズレを整えることを重要視しています。仙腸関節のズレを整え、骨盤の歪みが改善されると、骨盤の上に乗っている脊柱の歪みも改善されます。さらに骨格調整により全身の関節のズレを整え、指圧により筋肉の緊張を緩和し、筋肉の不均衡を改善します。また背骨の椎間関節(背骨の後方にある左右一対の関節)の癒着を取り除き、本来の滑らかな関節の動きを取り戻すことも重要です。

激しい筋筋膜性腰痛があるうちは、腰を曲げるストレッチは控えましょう。損傷している筋肉や筋膜を傷めてしまい逆効果になってしまいます。

目次